年間500件の
カウンセリングから
見えてきた答え...

やまむら歯科には、歯を失った方のあらゆるご相談窓口として、
無料カウンセリングを行ってきました。

その数、今や年間500件以上。

この圧倒的な経験と実績から、
私たちは歯を失った方の「ある共通点」に気付きました。
そしてこれこそが、悩みを解決するうえで重要なことだと確信しました。

歯を失った方の治療、年間700症例以上
歯を失った方の治療、
年間700症例以上
圧倒的な診療実績が、豊富なご提案を可能にします。
最新の技術と医療設備をあなたに
最新の技術と医療設備をあなたに
諦めていた治療法や、知らなかった治療方法も見つかるかもしれません。
治療中~治療後まで安心のフォロー体制
治療中~治療後まで
安心のフォロー体制
失った歯を人工歯で作製する院内技工士が在籍。メインテナンス担当の歯科衛生士が治療後もフォロー。

事実。悩みの原因は大きく2つに分けられます。
その原因とは何でしょうか?

原因1

自分に合った歯医者さんに出会えない

どの歯医者さんへ行けば良いのか?

歯を失うことになったとき、あなたは
「どの歯医者さんへ行けば良いのか」
「どんな治療があるのか」
「自分に合う治療法を知りたい」
「できればウデも良い先生が良い」
と、たくさんのことが思い浮かぶのではないでしょうか。
しかしながら、それらの思い全てに答えられる歯科医院は、決して多くはありません。

一口に「歯科医院」といっても、一般歯科、矯正、小児、口腔外科…その専門分野は様々です。当然、医院の設備も、スタッフの構成も違います(歯科技工士・歯科衛生士は全ての医院に在籍しているわけではありません)。

今やコンビニよりも多いと言われる歯科医院の中から、あなたが望む全てを兼ね備えた医院を選びだすのは容易なことではありません。早く治したいという「焦り」と、信頼できる医療機関が見つからない「不安」との間で悩まれる方は決して少なくないのです。


原因2

治療を受ければ全て解決すると思っていた

「きちんと噛める」「違和感なく過ごせる」ことが本当のゴールです。

もし、ウデのいい先生に出会えたとしても、「治療を受ければすべてが解決する」わけではないことをご存知でしょうか。
ここで、他院からやまむら歯科へ来院される方のご相談内容を、一部ご紹介します。

「ブリッジが、よくはずれるようになってきた気がする」
「入れ歯を作ったけど、何回修理してもらっても合わない」
「インプラントを入れたところの歯茎が腫れてきてしまった」

こういったお悩みは、治療だけでなく治療後の過ごし方にも起因します。お手入れの方法や食事の仕方などによってはブリッジや入れ歯、インプラントの「もち」も大きく変わってくるのです。こういった説明なく、治療を終えてしまう医院さんは少なくありません。

「治療を終えること」がゴールではなく、「きちんと噛める」「違和感なく過ごせる」ことが本当のゴールです。あなたの通っている歯医者さんは、治療後のことまで一緒に考えてくれていますか?


入れ歯難民、「最後」のとりで
やまむら歯科は、
一般的な歯科医院と大学病院との間に位置する「二次医療機関としての役割」を常に意識し、
地域の「総合歯科医院」として歯を失った部分に関する高度な専門性を発揮していきます。

特長1

院内技工士が在籍。保険から自費まで、各分野専門の技工士が作成いたします。

一般的な歯科医院とやまむら歯科の大きな違いの1つに 「院内に歯科技工所があること」が挙げられます。

実はこの部分、歯科治療にとって、とても重要な部分なのです。歯科治療は、歯科医師だけで完結する訳ではありません。インプラント、入れ歯、そしてブリッジ。歯を失った場合に使用する人工歯は、国家資格を持った歯科技工士が作製するのですが、技工士は全国的に不足しており、歯科医院18件に1名しか在籍していないと言われています。
やまむら歯科では、国家資格を持った院内技工士が5名在籍し、保険の入れ歯を専門に扱う技工士から、自費の詰め物・かぶせ物専門の技工士まで、患者様のお悩みに合わせて幅広く対応できる体制が整っています。

また、治療が終わった後も、メインテナンス専門の歯科衛生士がしっかりと担当させていただきます。当院には国家資格を持った歯科衛生士が在籍しておりますので、残っている大切な歯や、歯を支える歯茎の健康管理もお任せください。

やまむら歯科は「治療が終わった後」からが、あなたとの本当のお付き合いではないかと考えます。「歯を入れて終わり」ではなく、修理や微調整を行いながら、歯科医師・歯科技工士・歯科衛生士があなたの快適なお口のために責任を持って担当させていただきます。


特長2

最新の医療設備、治療技術があなたの選択肢を増やします。

医学的根拠に基づいた治療を行うために、最新の設備にこだわってきました。

歯科医院にとって設備は非常に重要な役割を果たします。例えば、当院に設置されている歯科用CT。CTの登場は、従来のレントゲンでは見えなかった病態を見つけることを可能にしました。これは、「今ある歯を残せるか」という判断や、歯を失った方に対して「治療の選択肢」を広げることに役立ちます。しかしながら、歯科用CTの普及率は一般歯科で10%程度と言われているのが現実です。

やまむら歯科では「歯を残せるか・残せないか」という重大な診断を下すには、慎重に、あらゆる可能性を検討することが必要だと考えています。CTの他にも大学病院に匹敵するような設備をいくつも揃えているのは、そういった理由からです。経験値だけではなく、医学的根拠(エビデンス)に基づいた治療を行うために、最新の設備にこだわってきました。他の医院さんで「もう、あなたの歯は残せません」と言われたあなたも、諦めるのはまだ早いかもしれません。一緒に、治療方法を探しませんか?


CT

減菌機器

最新オペ室


特長3

あなたが本当に「納得できる」治療方法でなければ、私たちはおすすめはしません。

やまむら歯科はこれまで、
カウンセリングを通じて、このようなお悩みに
数多く携わってきました。

数にして、年間、ブリッジ120症例、入れ歯270症例、インプラント315症例以上。
当院には、最新の医療設備や治療技術を提供するだけでなく、積み重ねてきた圧倒的な「経験値」があります。
あなたのお口の状況、ライフスタイル、あらゆる要素を元に、あなたに本当に合った治療方法を一緒に見つけませんか?
あなたに、「よりストレスなく・より長く・より快適に」過ごしていただくために、私たちが培ってきた全てをお伝えしていければと思います。


なぜ、年間500人以上の患者様が治療ではなく、カウンセリングのために来院されるのか?



あなたの入れ歯はなぜ合わないのか?

何度作り直してもまた合わなくなるの繰り返し違和感に馴染めず、ほとんど使っていない入れ歯がある方へ

  • 装着した時に「痛い」理由とは
  • 入れ歯の悩みを解決するシンプルかつ優れた選択とは
  • やまむら歯科の「入れ歯修理」とは...

詳細を見る


治療法を比較する

あなたはこの内容を知らずに、今の歯医者へ通い続けますか?

医療法人志朋会 やまむら歯科
理事長 山村 昌弘

歯科医療は、知識も技術も日進月歩。
常に変化と革新の中にあり、進歩した技術や真新しい機器も次々に誕生しています。
しかしながら、医療で一番大切なのは、何よりも最初の「診断」だと考えます。

「診断」とは、これによって治療が進められるいわば「地図」のようなもの。

最初の「診断」が間違っていれば、
その後の治療に問題が発生してしまうことは誰にでも想像できるのではないでしょうか。

続きを読む


お困りではありませんか?


ご相談はお気軽にどうぞ

やまむら歯科メインサイト