1. 歯を失った方へ
  2. ブリッジ

ブリッジ治療で後悔しないために

ブリッジ治療で後悔をしないために知っておくべきこと


1、2本の歯を失った方へ


このページをご覧のあなたは、1、2本の歯を失った方ではないでしょうか。
抜けてしまった場所や本数にもよりますが、ブリッジという治療方法があります。
歯を失った時に、多くの歯科医院でまず勧められるのが「ブリッジ」ではないでしょうか。

ブリッジは治療回数、治療期間がそれほどかからず、治療費も比較的安く済むため選択しやすい治療方法です。
「奥歯を失ったけど、目立たないから銀歯でも良い」 という理由でブリッジを選ばれる方も多いです。ブリッジ治療を受ける前には、その治療方法とメリット・デメリットについて正しく理解しておくことが重要です。


メリット・デメリットと対策を理解する


ブリッジという治療法は、失った歯の両隣の歯を削って、両隣の歯を支えにして、抜けてしまった部分に橋渡しのようにして人工歯を入れる治療法です。

最大の特徴は、
“両隣の歯”にも影響が及ぶ、ということです。


ブリッジの優れている点


入れ歯と比較して見た目・機能・使い心地が良い、
→固定式なので取り外しの必要もなく、また自分の歯に近い感覚で噛むことが出来ます。
短期間で治療が完了する
通常のブリッジであれば保険が適用される。費用をかければ見た目が本物の歯に近いブリッジも作製できます。
手術が不要


ブリッジにすることのリスク


  1. 治療のリスク
  2. 将来的なリスク

1.治療のリスク


ブリッジの最大の特徴は、「健康な歯を削る必要がある」ということです。

歯は、削ることで弱くなっていきます。それは、歯の表面を覆う「エナメル質」を失うためです。
「エナメル質」は“人体の中で最も固い組織”であり、歯を守るバリア機能を果たしています。歯を削るということは、このバリア機能を失ってしまうということなのです。

更に、ブリッジは複雑な形状をしているために、通常のお手入れでは磨き残しが発生しやすいという点も挙げられます。

磨き残しは虫歯や歯肉炎の原因となり、これらが進行することで腫れや痛みが出たり、ブリッジが外れ、作り直しが必要になる可能性もあります。

ブリッジを選択したあなたは、歯間ブラシなどのアイテムをプラスしながら、正しいメインテナンスを行うことが必要になるといえるでしょう。


2.将来的なリスク


ブリッジが、「平均してどれくらいの期間お口の中で機能したか?」ということを調査した論文があります。

その調査によると、ブリッジは平均して8.0年で機能しなくなっているのです。

これは、ブリッジ自体の強度が8年しか機能しないという意味ではありません。多くは、「ブリッジを支えている歯が機能しなくなった」ことによるもの。
つまり、「支えている歯を抜かないといけなくなった」ことでブリッジが機能しなくなったというケースです。

今まで3本で「噛む」という作業をしていたのを2本で行うわけなので、両隣の歯への負担は大きくなります。

仕事で例えると、3人で行っていた仕事をこれからはずっと2人で行う事になるのです。

両隣の歯にかかる負担は想像以上のもので、特に臼歯は歯に一番負担のかかる「噛む」という作業を毎日行っているので、前歯のブリッジよりもそのダメージは大きいのです。

支えている歯が機能しなくなってしまうと、どちらかの歯、もしくは両隣の歯を抜かなければいけなくなってしまいかねません。そうすると当然、新たな治療が必要になるわけです。


ブリッジ治療は、慎重にご検討ください。


あなたは、

「金額が安い」

「簡単だから」

という理由だけでブリッジを選ぼうとしていませんか?
お口の状況によっては様々なケースが考えられます。
「自分にはブリッジ治療が可能なのか」ということも含めて、まずは一度ご相談いただくことをお勧めします。


過去にブリッジ治療をしたことがある、というあなたへ


ブリッジを入れた後、お口の中はどうなりましたか?

数年後に後悔するのがこの「ブリッジ」という治療方法と言われています。

よくご相談いただく例としては、こういった内容があります。

他院でブリッジを入れたが、ブリッジを支えていた歯がむし歯になり、抜かざるを得ない状況に。次の選択肢として部分入れ歯かインプラントを考えているが、入れ歯は避けたい。でも、このタイミングだとインプラントにする本数が2本以上になってしまい、金額も高くなってしまう・・・

このような状況になって初めて、歯の大切さに気付く方が多いのが現実です。


ブリッジを長持ちさせるために、今から始められること


あなたのお口の中の「ブリッジ」は、あくまで当時のお口の状態に合わせて設計・作製されたものです。

もしもその後、新たに虫歯や歯周病が進行してしまうと、お口の中で保たれていたバランスは崩れていきます。

「歯」と「歯茎」の関係性はよく、「建物」と「基礎」の関係に例えられますが、「基礎」が崩れてしまうと当然「建物」も傾きはじめ、やがては倒壊してしまいます。

ブリッジ治療を終えた今、あなたにとっては何よりも重要なことは「お口の環境を維持すること」。

そしてこれを実現させるのが「日常の正しいメインテナンス」なのです。

日常の正しいメインテナンスを…定期検診のご案内


ブリッジ以外の治療法を知っていますか?


歯を失った方の治療法は主に3つあります。
それぞれのメリット・デメリットを比較してみませんか?


治療法を比較する


直接ご相談もいただけます。
歯のプロにあなたの口に合う治療法を相談しませんか?


やまむら歯科に無料で相談する


ご相談はお気軽にどうぞ

やまむら歯科メインサイト