1. 歯を失った方へ
  2. 入れ歯
  3. 入れ歯のストレスから、そろそろ解放されませんか?

入れ歯のストレスから、そろそろ解放されませんか?

総入れ歯は我慢するものではありません

総入れ歯は我慢するものではありません


あなた、入れ歯でストレス感じていますか?


このページをご覧になっている方の殆どが、現在入れ歯をされているのではないでしょうか?

そして、入れ歯のストレスで悩まれているのではないでしょうか?

やまむら歯科に入れ歯の悩みで来院された方の主な訴えは、


  • 「何度調整しても痛みが取れない」
  • 「何度調整しても外れる」
  • 「何度調整しても噛めない」
  • 「しばらくしたら慣れると言われたが、いつまで経っても慣れない」

というのが殆どです。


あなたも、心当たりがありませんか?



自分の身体の一部として多用する入れ歯がこのような状況では、日常生活で相当なストレスを感じているのではないでしょうか。

また、不具合を感じて何度通院しても事態は好転せず、そして何度も通院することによって、最終的には歯医者に行くこと自体までもストレスになってしまうのが「入れ歯」の大きな悩みどころです。


やまむら歯科には、毎月多くの患者様が「入れ歯の噛み合わせの悩み」で通院されています。

県内はもちろん、県外からも通院されています。

例えば、歯がある状態で噛み合わせに悩まれている患者様は、そのまま噛み合わせを放置して将来総入れ歯になったら、間違いなく入れ歯でも悩まれます。

何故なら、先ほどお伝えした通り、入れ歯になる前の段階で既に噛む位置がズレているからです。

入れ歯で悩まれている方も、根本的なところから治さないとストレスは改善されません。

現状のお口の中を正確に型取りしても、それでは快適な入れ歯は作製出来ません。


まずは、

本来噛むべき位置に噛み合わせを戻し、その上で正確に型取りした入れ歯を作製する。

この順番がとても大事なのです。

だからと言って、やまむら歯科で行われている入れ歯作製が特別なものではありません。

歯科医師の勘や経験で作製するのではなく、科学的な根拠を元に作製しているのです。


院内歯科技工士の存在は必須


入れ歯を作製するにあたって、歯科技工士の存在は必ずと言っていいほど必要です。

幾ら歯科医師が噛み合わせの位置を治し、本来噛むべき位置まで回復させたとしても、入れ歯そのものの精度が低ければ話になりません。

また、どういった噛み合わせ治療の工程を経て口腔内を回復させたのかトータルで把握していないと歯科医師の希望する入れ歯は作製できません。

そこには、歯科医師、そして歯科技工士に共通の知識と連携が必要です。


歯科技工士が常駐しています

常時院内に歯科技工士がいる環境が、とても大事なのです


やまむら歯科では、歯科技工士が院内に在籍しているので、歯科医師は歯科技工士の、歯科技工士は歯科医師の患者様ごとの治療工程を全て把握しています。

つまり、全ての工程を院内で情報共有されていて、しかも院内で完結しているのです。


あなたが入れ歯専門歯科技工士による入れ歯修理を望むなら


やまむら歯科には入れ歯専門の歯科技工士がいます。
もし、あなたが入れ歯修理を望むなら…お気軽にご相談ください。
無料メール相談、無料カウンセリングもおこなっております。


入れ歯専門歯科技工士による入れ歯修理について詳しく見る


無料メール相談をする


ご相談はお気軽にどうぞ

やまむら歯科メインサイト