1. 歯を失った方へ
  2. インプラント
  3. CTスキャン

CTスキャン

カラー3D画像CT「ファインキューブ」を三河地区で初めて導入しました。CTを院内に設置することにより、より安全で正確なインプラント治療を行うことができます。


株式会社ヨシダ製 ファインキューブ

インプラント治療法は、歯科処置の中でも高度な外科処置となります。
高度歯科医療には、正確な検査・診断のための高精度な画像診断が欠かせません。


医科用CTと比較して約1/10の被ばく量で画像解析度も約2倍の歯科用CTは、患者様にとっても安心してお使いしていただけます。

CTをセンター内に設置したことによる主なメリットとしては

  1. 術前の段階で欠損部の周囲の骨の質や高さや厚み、形体が正確に分かるので確実な診断が可能となりました。
  2. すべての歯の周囲の骨の形体が一目瞭然となり、どの歯が保存できるのかの判断が容易となります。
  3. CTは大学病院や大きな病院にしかなく、外部依頼となりますので結果が分かるのに時間がかかります。

などが挙げられます。

インプラント治療をより安全、適切に行うためには、あごの骨の状態を詳しく調べることが重要です。

また、当院では撮影したCT画像を元に、インプラントシミュレーションソフトSimPlantを使用して、三次元でのインプラント埋入シミュレーションを行います。


合わせて読みたい


なぜ、年間350症例以上のインプラント治療が行われているのか?


インプラントについてのページ 一覧へ


ご相談はお気軽にどうぞ

やまむら歯科メインサイト